ワードプレステーマ「sango」を導入しました!

【初心者必見】1泊2日!ふたりキャンプを楽しむための、準備とコツをまとめてみたよ

こんにちは!福岡在住の、キャンプ大好きなwebライターおっしー(buraoshima)です。

最近はグランピングやキャンプブームで、少しずつキャンパーが増えていますが、
あなたは”ふたりキャンプ”について、どんなイメージを持っていますか?

大人数でワイワイするでもない、
ひとりで自由気ままに過ごすでもない。

友人や恋人と過ごすふたりキャンプには、それならではの楽しみ方があります。
今回は1泊2日で過ごす、
ふたりキャンプを楽しむための準備とコツを紹介していきますね。

1泊2日キャンプの、大まかな流れをつかもう!

まずは、キャンプの大まかなスケジュールを把握するところからスタートしましょう。

【1日目】

  1. 14:00〜 キャンプ場へチェックイン
    キャンプ場の利用方法や禁止事項、使っていい箇所などの説明を受ける
  2. 14:30〜 テントサイトの設営開始
    テントやタープなどの設営、調理道具などの展開
  3. 15:00〜 お昼寝・お茶・お出かけタイム
    なにしてもいい時間。予定があるならお出かけを。
    のんびり昼寝でもいいし、読書してもいいし、ビール飲んじゃってもいい。
  4. 17:00〜 夕食の準備
    日が出ているうちに、夕食の準備を始めるのが理想
  5. 18:00〜 夕食
    美味しいアウトドアなご飯をいただきましょう
  6. 20:00〜 夕食の片付け・シャワー
    片付けをして、1日の汗を流しましょう
  7. 21:00〜 焚き火開始
    迷惑にならない程度のBGMを流すと、さらに◎
  8. 23:00〜 消灯・就寝
    テントでトランプをするもよし、お茶を飲んでまったりするもよし。

【2日目】

  1. 8:00〜 起床
  2. 8:30〜 朝食準備開始
    炭起こしをして朝食を作ると大変。ガスコンロかバーナーでサクッと朝食を。
  3. 10:00〜 片付け・撤収
    意外と大変な片付け作業。
  4. 11:00〜 チェックアウト
キャンプの大まかな流れはつかめたでしょうか?

大人数のキャンプも、ふたりキャンプも、ソロキャンプも、工程に関しては実はそう変わらないんですよね。

普段生活しているよりも早めの夕食、早めの就寝、そして早起きがキャンプっぽい流れになります。

もちろん夜更かしして、朝はのんびり起きるキャンプも悪くないですよ。

ふたりキャンプのなにが楽しいの?

まずは、キャンプそのものがなぜ楽しいのかという理由について。

それは、

普段とは違う、自然の中で味わう非日常感を体感すること

ができるからです。

非日常を味わうのであれば旅行でも事足りますが、
キャンプ場があるのは海、山、川

そしてホテルのようなベッドがあるわけではなく、虫や鳥の鳴き声がよく聞こえる薄い布のテントで宿泊する体験

普段はIHやガスで調理をするところを、ゆっくりと炭火や焚き火で調理をする楽しさ。

ただただ、自然に身を委ねて過ごす時間の贅沢さ。

…たまらんのですよ。

ひとりでも、大勢でもなく、ふたりだからこそ。

ひとりでのんびりと過ごすのでもなく、

大勢でワイワイと飲みはしゃぐのでもなく。

ふたりだからこそ、ゆっくりと語れることがあるし、

ふたりだからこそつくれる思い出ができるんです。

ふたりキャンプに必要な準備ってなに?

ふたりキャンプに必要な準備は、
  • キャンプをするための道具
  • キャンプ場へ行くまでのアクセス方法
  • 食料の調達
です。
それぞれをみていきましょう。

キャンプをするための道具

最低限そろえておきたいキャンプ用品は、
  • テント
  • タープ
  • 椅子
  • ランタン
  • 寝袋
  • 焚き火台
  • 敷きマット
です。

キャンプ場によっては、テントや寝袋の貸し出しを行なっているところがあります。

ですがせっかくふたりキャンプをするなら、最低限のキャンプ用品は揃えておきたいところ。

使い回されているものよりも、自分たちのものがいい…ですよね。

あなたの好きなブランドでキャンプアイテムをざっと揃えるのも、楽しみのひとつですよ。
いやいや、そんなことはない…

と思っているあなた。

いちどアマゾンでテントを検索してみてください。

きっとワクワクしますから。
そして揃えたくなりますから。
 

また、緊急の災害用にも、ひと通りのアウトドアグッズがあると安心ですしね。

キャンプ場へ行くまでのアクセス方法

あなたがキャンプ場へ車で行くのか、公共の交通機関で行くのかによって、持っていけるものは大きく変わってきます。

ふたりキャンプでは、車で出かけるのがベターです。

あなたが車を持ってない場合。
レンタカーをしてキャンプに行く人、最近多いですよ。
近場のレンタカーショップを見つけておきましょう。

ルートをあらかじめ把握しておこう

キャンプ場の立地によっては、道路状況が良くなかったり、
想定しているよりも到着に時間がかかるケースが考えられます。

山道を辿る場合は、分岐点を間違えると大きな時間のロスにもなります。

何時に出ればいいのか。どのルートを通ればいいのか。

キャンプ場までの道のりを考えておくのも、キャンプを成功させる上で大事な要素ですよ。

なかなか到着できずに、グダグダ…なんてことにならないようにしておいてくださいね。

食料の調達

キャンプ場の近場には、大型スーパーなどの大きな食料庫はない場合が多いです。

夕食・朝食分の食料をどこで調達するか。

準備段階で把握しておくべき重要な要素になります。

ちなみに僕は以前、奥多摩キャンプのときに食料調達の段取りをミスってしまい、食料が無いため釣り堀でニジマスを釣りまくって、魚ざんまいなキャンプをしたことがあります。

それはそれで、悪くはなかったんですけどねぇ。。

あなたが行くキャンプ場までのルート上で、寄っておきたいお店の場所をぜひ把握しておいてくださいね。

ふたりキャンプを成功させるコツって?

ズバリ!ふたりキャンプを成功させるコツは、
役割分担をして、お互いが協力しながらキャンプを楽しむことです。

リラックスして自然を満喫したり、とにかくのんびり過ごすのがキャンプですが、
準備や片付け、細かい作業が多いのもキャンプの特徴

初めてふたりでキャンプに行ったり、1人が初心者だと、どのように動いていいかわからない場面が出てきます

そんなときのために、お互いの役割分担を決めておくか、
その場で落ち着いて話し合うことが大切。

おし美

あか子、ペグ打ちをやってほしいなー
うん、わかった。
おし美の手の甲に…

あか子

おし美

え、おれ固定されちゃうの?
そして火の準備と。おし美って焼いたら美味しそうだよねー

あか子

おし美

…。
…。

あか子


お気に入りのアイテムやグッズ、お菓子を持って行くことも大切ですが、
お互いの歯車をカチッと噛み合わせると、ふたりキャンプはとても気持ちよく過ごせますよ。


    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA