こころの知能指数【EQ】について。EQは伸ばすことができる!

こんにちは。FMラジオブロガーのおしまです。

最近話題になっている言葉の一つとして『EQ』があります。

IQではなくて、『EQ』です、こころの知能指数、情動知能と呼ばれています。

 

今回は『EQ』について、

・EQってなに?

・EQをテストできるサイトを紹介

・EQを育てるには?

 

以上の3つについて書いていきます。

 

スポンサーリンク

EQってなに?

情動の知能指数。いわゆる「頭のよさ」を指し示すIQ(知能指数)に比した概念。

IQがおもに「知能」の発達速度を示すのに対して、EQは仕事への取り組み姿勢や人間関係への関心の度合いなどを感情という視点から測定する指数。社会的に成功する者の多くは、情動を調整する能力に長けているとされるが、EQでは問題処理能力や事務処理能力に加え、環境に適応する能力や仕事に対するモチベーションをコントロールする力など、知能を多面的にとらえたより実質的な判断基準として、企業の採用や人材育成などの判断材料となっている。



・感情の認識力に長けている。自分の感情、他人の感情を理解したり、管理できる。

・感情を使って、問題解決に適用できる

『感情』を意識してコントロール・運用していく能力のことをこころの知能指数『EQ』と言います。

 

『EQ』が高い人に見られる特徴は、

・仕事と遊びのバランス感覚がいい

・変化を受け入れる

・共感力がある

・自分ができること、できないことを知っている

・失敗に対してポジティブ

・『NO』と言える

 

このような特徴を兼ね備えています。

周りにいませんか?

器用だし、人気だし、仕事もできる。

そんな人は『EQ』指数が高いのかもしれません。

参考

EQ(いーきゅー)とは – コトバンク

EQ(心の知能指数)が高い人に共通の10の資質 | ライフハッカー[日本版]

自分のEQ指数を知ろう

自分のこころの知能指数『EQ』がどれくらいなのか気になりませんか?

手軽にテストを受けられるサイトを3つ紹介します。



ww2.wt.tiki.ne.jp

なぜかタイトルにアル中が含まれていますが。。

学生337人の平均値と、自分のEQを比較できます。



eqtest.biz

『EQ』の影響、種類、どう活かしていくかについても触れている。

あなたの心の知能指数(EQ)の高さはどのくらいですか?

人の写真を見て、なにを感じているのかを選択肢の中から選んでいくテスト。

すぐ終わります。

 

『EQ』テスト、いかがでしたか?

もっと知りたい、もっと詳しく自分のEQを調べたい。

そんな人にオススメ本です。

ちなみに僕の結果。。





点数高いね。はい、自慢です。

EQを育てるには?



『EQ』ってなんかすごそうなんだけど、それってもともと備わってる”資質”なんじゃないの?

そう思ってる方がいるかもしれませんが、

この『EQ』は伸ばすことができるんです。

・「感情の識別」

・「感情の利用」

・「感情の理解」

・「感情の調整」

この4つの能力をいかに伸ばしていくか、

循環的に利用できるかが、『EQ』を伸ばしていく鍵です。

 

・感情の識別

自分がなにを感じているのか、相手がどのような感情を抱いているのか。

これらを読み取り、識別することは良好なコミュニケーションを築くための基本的な能力です。

『自分の感情を把握すること』

自分を客観的にみることで把握できます。

『周りの感情を識別すること』

これは難しい。

空気でわかるときもあれば、

『相手の感情を知る』言葉を使う方法もあります。

怒ってる?どうかした?変なこと言っちゃったかな。

感情を識別するということは、

多くのボキャブラリーを持つ、多くの場面に遭遇した経験値を持つ、自分を客観的に見る力をつけることと比例します。

・感情の利用

問題解決や課題に取り組むとき、自分の感情をパフォーマンスの高い状態へ持っていくこと。

同じ作業や仕事でも、

あぁ、今日はだるいなー。めんどくさいなー。

そんな日や、

やる気あるわーサクサク進むわー無敵だわー

こんな快調な日があると思います。

感情の利用とは、パフォーマンスを発揮する自己の感情をコントロールすることによって、

より生産性の高い状態を作り上げることです。

対人関係においては、『共感』し、その場にふさわしい感情へ持っていくこと。

難しくなってきましたね。

・感情の理解


ある状況や要因によって生じた感情が、どのように推移していくのかを理解すること。

まず『感情』というのは外発的な要因から発生する、ということ。

『感情』は“自分”“何か”によって引き起こされるんです。

対→”人”、”ペット”、 “映画”、”漫画”などなど。。

 

『感情』は思考能力や活動に影響します。

不安や怒りを抱えていると知識も頭に入らないし、

恋人に出会えば、嬉しくなって近寄りたくなります。

 

また感情は、単独よりも複数で発生します。

『無念』+『悔しさ』。『喜び』+『感謝』。

 

さらに相反する感情を同時に感じることも少なくありません。

就職が決まった!『期待』『不安』

大きなことをやり遂げた!『達成感』『喪失感』

 

最後に、感情は弱から強へと推移する傾向があります。

『困惑』→『怒り』

『期待』→『警戒』

感情は成長するんです。ちょっと恐ろしいですね。

 

このような『感情』がどのように発生し、どう推移していくのかを把握すること。

いつもとは違う視点で物事を見てみましょう。

・感情の調整

自分の感情をコントロール・調整し、他者に対して適切に働きかけること。

最後のステップです。

感情の識別から、

『自分がなにを感じているのか、相手がどのような感情を抱いているのか』

を把握。

次に感情の利用から、

『適切なパフォーマンスを出すために感情を移行する』

それから感情の理解を利用し、

『感情が推移する方向に気づき、最良と考えられる対応策を実行する』

ことで、感情の調整が行えます。

小まとめ

書いてみると難しそうな内容になりましたが、

実際はみんなが“無意識”に実行していること

周りに、ちょっと違うぞ、うまくやってるぞ。

そんな人がいたら、この4つの能力を当てはめ観察してみると面白いかもしれません。

“無意識”を”意識”するって大事なこと。

参考

学校では教えてくれない「こころの知能指数:EQ」を育む5つの要素 | ライフハッカー[日本版]

EQは伸ばせる能力 ~後天的に高めることができる能力 | EQグローバルアライアンス : EQ理論提唱者監修によるEQ検査を開発・提供。人事戦略・組織風土改革など人事コンサルティングを実施。 – アドバンテッジリスクマネジメントグループ

まとめ

以上で、こころの知能指数『EQ』の解説と、いかに『EQ』を伸ばしていくかについてまとめました。

後半は書いてる僕もはぁはぁ言いながら書いていました。

高パフォーマンスを出すって、とっても大変なんですね。

僕は疲れたので、この辺で失礼します。

EQってなんだろう、どうやって伸ばすの?

そんな悩みの参考になれば幸いです。

それではまた。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA