与党・野党の違いって、ちゃんと説明できる?


FMラジオブロガーのおっしーです。

政治・社会について理解していくシリーズです。

先ほどブログの骨組みを作って一安心。

小腹が空いたのでラーメンすすって満たされて、数分前のやる気が消えかけているところですが、

しっかり仕上げていきます。

 

今回のお題は、

『日本政治の与党、野党ってなに?』

この疑問を解決していきます。

スポンサーリンク

与党、野党について理解しよう

・与党とは

政府を構成し、行政を担当する政党のこと。

『政治に関与する』党→『与党』ですね。

与党になる絶対条件は、

衆議院で過半数以上の議席を持つ事。

 

『連立与党』というものがあり、

これは複数の政党で手を組み、与党を担っている状態です。


 

実は衆議院の最多議席を取っていても半数以下の場合、以下のような事態もありえます。


頑張ったのに与党じゃない。

 

そして衆議院で過半数を超えると、その中から内閣総理大臣を指名することができます。

 

・野党とは


政治に直接行使できない政党のこと。

 

議席数で劣る野党の法案は、多数決で与党に否決されやすいんですね。

もちろん法案を成立させている過去もありますが、立場的に弱い。

しかし野党のポジションは大事で、

与党の好きにはさせない、しっかりと監視する、待ったをかける役割があります。

与党(政府)の政策に反対、または対案を立てたりすることが多いことから「反対党」

と呼ばれることも。

参考

あなたは与党と野党の意味や違いって、わかりますか? | よむほど

【与党と野党の違いはなんだ?】簡単解説!!政治でよく聞くあの言葉選挙投票チャンネル

まとめ

今回は野党と与党の違いについて簡単に説明しました。

少しずつ、中学校公民の授業を思い出してきたぞ。

次回は参議院・衆議院について簡単にまとめていきます!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA