レポート作成・ブログ作成に役立つ!パラグラフライティングまとめ

ブログの更新に行き詰まった、レポート作成があるのにどこから手をつけたらいいかわからない。。

カフェに行ったはいいものの、行き詰まってスマホいじいじ、

あー明日でいいやめんどくせぇ。

そんなあなたに朗報です。

 

文章を組み立てるときには、パラグラフライティングを使いましょう

 

大学で英作文という講義がありました。

ここで得たのは英語力よりも、

『自分の思っていることをいかにわかりやすく相手に伝えることができるか』。

 

伝わる文章は、

たくさん書いた分だけ文章はうまくなる!

ではなく、

前準備と完結された段落構成

で決まる。

 

ホホォーー。

インパクトのある内容を教えていただきました。

 

山里マリーというアメリカと日本のハーフの先生なんですけどね、

厳しく優しく、そして海外滞在者の僕に質問しまくりで、

めんどくさいから端っこの席に隠れながら授業受けてたのに、それでも質問しまくってくる先生だった。

スポンサーリンク

パラグラフライティングとは

ではパラグラフライティングの内容に入っていきます。

 

意識するのは以下の3点。

 

・1パラグラフに1トピック

・結論を先頭に書き、その内容だけでパラグラフの説明ができること

・補助文は結論の具体例、詳細、根拠などの肉付けとする

 

この3つを意識して書くことによって、

  • 拾い読みすることができる
  • 筆者の思考順序が明確になる
 

のメリットが生まれます。

パラグラフライティングの具体例

パラグラフライティングの具体例を書き出してみました。

 

▶︎伝えたいこと

・美味しいパスタを作るときに気をつけるべき3つのこと(全体の要約)

・火加減は弱火〜中火を徹底すること!(内容1)

・パスタはアルデンテが一番美味しい!(内容2)

・茹で汁に含まれる塩水を上手に利用しよう!(内容3)

・この3つでパスタがより上手に作れる(結論)

 

1パラグラフに1トピック、

そしてそれぞれの結論を書き出しました。

 

この作業を行い文章作成の大きな指針としていき、

的確な補助文を書き足していく。

that’s paragraph writing!

パラグラフライティングのまとめ

ブログやレポート、一字一字読んでられませんよね。

見出しを見て、興味があれば中身を読む、

興味がない、既知のものであれば次のパラグラフへ進むことができる。

文章は自分で考えを整理するため、そして読者に自分の考えを伝えるためのツール。

 

お互いにwinwinなパラグラフライティング、最も大事なポイントは
  • 1パラグラフに1トピック
  • 結論を先に書く
です。

かくいう自分もまだまだペーペーなんすけどね。

意識しながら書いていく備忘録も含めて。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA