僕のブログに足りない要素を9個まとめてみた。

今まで長いことブログを書いてきました。

ブログ開設・運営し始めたのが高校1年生の時からなので(当時のサイトは違反で消されましたが笑)、執筆歴は10年にもなります。

主に自分の備忘録・日記のような更新でここまできたんですが、

ブログを自分の武器とするにはもっとグレードアップする必要があると、前々から感じてました。

 

今回は、めっちゃ売れてるブロガーさんと僕のブログを比較して、

このブログに足りないものを洗いざらい出していきます。

 

比較・勉強させていただいているブログ

まだ電通で消耗してるの?

www.mazimazi-party.com

www.jimpei.net

その1。

小見出しがない。

 

これのこと

 

これです。

これを小見出しって言うらしいです。

内容を小分割して、一瞬でその小見出し以下に書いてあることを読者に伝える。

記事のメリハリですね。

 

これ使っていこう。

毎回設定するのは面倒なので、CSSファイルに設定を書き込んであげるといいみたいですね。

 

太字、色文字、アンダーラインを効果的に使う

 

シンプルに無駄なく、大事なところは脚色を。。

努力します。

 

サイトデザインをもっと目の引くものに

 

wordpressでこのサイトは運営してます。

platformというテーマを使っていますが、すこーーーし使いづらい。

twenty fifteenなどの人気テーマでカスタマイズした方がいいんですかね。

勉強します。

 

誰に伝えたいのかが明確でない場合がある

 

だらだら書いて、日記になってるブログですね。

これはこれで悪くないけど、“武器”として扱っていくには、

“誰に”対して、“どのような立ち位置”から書いていくかを明確にしないとだね。

 

例)

タイトル『必見!海外旅行へ行く際に準備すべきたった5つのもの』

誰→海外旅行初心者

どのような立ち位置から→海外旅行長期、短期経験者として必須アイテムを紹介

 

ターゲットを明確にすることって、ブログ運営でとても大事な要素ということだそう。

 

スポンサーリンク

批判を受けるかもしれない記事をしっかり書き抜く

 

こんなことを書いたら嫌われるかもしれない、の思考を捨てる。

書きたいことがあるなら、書けばいい。

万人に受ける記事なんてそうそう書けるもんじゃない。

 

伝えたいことは、完璧じゃなくともしっかりと書く。

 

記事の組み立てを考えて書く

 

大学で英文を受講した時に教わった、『パラグラフ・ライティング』

結論は文頭と文末に。1パラグラフで伝えることは1つに。

より伝わる文章を書いていくこと。

 

同じ言い回し、語尾を使用しない。リズムよく、テンポよく。

難しいんだよなぁ。どうしても癖が文章に出てしまう。

文章の上手い人のブログを研究していくしかないね。

 

タイトルを工夫する

 

記事が読まれるかどうかは、タイトルのセンスに大きく左右される。

工夫としては、

検索する側の立場から考える

具体的な数字を出してインパクトを与える

 

例)

『デートにおすすめ!中目黒に5年住んだ僕が超絶お勧めする、駅近の隠れBar10選』

 

盛りすぎ?笑

これくらいでもいいかと。

 

文章をインスタントに書く

 

ブログ更新!となると、カフェ行って更新しよう、しっかり準備して書こう、ってのが過去の行動だった。

環境を変えたり、腰を据えて書くのではなく、毎日行うLINEニュースチェックのように、エロ動画更新チェックのように。

 

出し惜しみをしないこと

 

一つのノウハウを友達一人に教えるのと、ブログでたくさんの人に知ってもらうの、

どっちが満足度高いだろうかって話。

シェアの精神でいきましょう、ケチってたら掴めるチャンスも逃しちゃうかもだし。

 

まとめ

 

はい!

着実にブロガーの道を歩んでる感ありますよ。

ブログを書いてると、普段の生活からネタ探しを自然と行うようになるんですよね。

海外滞在時に毎日更新してた時は、

今日はネタがないからサイクリングじゃ!料理じゃ!

と、行動派にさせてくれる一面もある。

楽しくやっていきましょう。

 

ではでは。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA