ガラパゴスの歴史を調べてみた。

ガラパゴス3日目 イザベラ島
3/16 25-30℃ 78%

久しぶりに朝の10時くらいまで寝た。
それから船着き場のすぐ近くにあるシュノーケリングができるスポットへ。

IMG_0507

いやー、久しぶりにまともに泳いだ。

おっきな魚はいたけど、
寒流の影響なのか珊瑚礁はなく、でもマングローブはある、という奇妙な組み合わせ。

アシカがたまに一緒に泳いでくれるらしく、
いないかなーと必死に目を凝らす。

アシカ発見!!

クロールで頑張って近づいたが、
もう、そんなのおかまいなしに、びゅーんって行ってしまった。

仕方なしにシュノーケルを終え、
昼飯を求めて町へ。

どこも6$以上する中、
安そうな食堂に入り、値段を確認すると3$。

まー自炊するにこしたことはないが、
泳いだ後の空腹を我慢出来ずにそこで食べる。

相席した子ども達とわいわい騒ぎ、写真を。

IMG_0535

それからお勘定になって、
6$だと言いだす。

は、3$って言ったでしょ、
6$だ、子ども達も6$だ、という、
なんかもーめんどくさいしスペイン語話せないので、
6$置いていく。

IMG_0522

このクオリティーで6$とは。

それから宿に帰り、
ガラパゴスについての疑問を調べてみることにした。

・なぜガラパゴスゾウガメが飼育・保護されてるのか。
・そもそもどうやってガラパゴスゾウガメがこの島々にやってきたのか。
・その他の生物も同じく、起源が気になる。
・人がいつから住み始めたのか。

などなど…。

調べていくと、ものすごく興味深い島々ってことがわかった。
前もって調べるよりは、2,3日滞在して気づいた事をググったほうが面白いんじゃないかと思う、はい、かなり言い訳ですが。

まず、

スポンサーリンク

ガラパゴスゾウガメが保護・飼育されていることについて。

IMG_0566

このゾウガメ、ものすごく美味しいらしい。
水分を貯蔵しておく内蔵を持っていたり、油が取れたりする。

はるか昔の大航海時代、海賊達の隠れ家としてこの島々が利用され、
その食料としてたくさん、それはたくさん食べられたみたい。

さらにその次の捕鯨時代においても、たくさんたくさん食べられ、
このゾウガメ達、なにも飲み食いしなくても1年ぐらい生きられるらしく、
船にそのまま乗っけて生きる缶詰として扱われていたとか。

そんなゾウガメ達、どこから来たのか。

ガラパゴス諸島、フンボルト海流という寒流が流れていたのは知っていたが、
それが南アメリカ大陸からぶわーっと流れてる。

current
海流に乗れば、1000km近いこの島々まで1週間で渡航できるとか。
そして来たら最後、どこへも抜ける事のできない隔離された海域。

ガラパゴス諸島は噴火によってできた島で、一度も陸続きになったことがなく、
100%とは言えないが、ガラパゴスゾウガメの祖先は、このフンボルト海流に乗って渡ってきた。

そして乱獲の結果、絶滅種が出たり、数が急激に減ったため、
飼育・保護されているとのこと。

爬虫類も、同じ経路で来たようで、
両生類は真水が必要なので、渡れたとしてもすぐに息絶えたんだろうなぁ。

IMG_0545

他にもサボテンがリクイグアナやゾウガメから食べられないように、
幹を持つように進化したり、
そのガラパゴスリクイグアナとガラパゴスウミイグアナは祖先は一緒で、
遠い昔になんらかの事情があって、
海に生きる派と陸に生きる派がわかれたみたいで、
すごい面白いのね。

IMG_0491
ガラパゴスウミイグアナ、泳ぐの速い。

哺乳類はほとんどが海の生き物だし、
陸上ではワシみたいなのが頂点で、飛んで逃げる必要の無くなったある鳥は、
羽が退化して飛ばなくなり、代わりにすごい潜水能力を身につけてたり。

ぶっちゃけ自分が想像してたよりも、
動物の数が圧倒的に少ない。

だからこそすごく平和で、のんびり生活することができたであろう、ガラパゴスの動物達。

しかし、人間が持ち込んだ、ヤギ、豚、犬、猫、植物類200種以上が、
生態系をむちゃくちゃにしていると。

いろんな記事を読みあさって一つ思った事、
海賊達や捕鯨船員がばくばく食べた甘い肉とは、どんな味なんだろう。

ガラパゴスゾウガメを、
一度でいいから、食べてみたい、と不謹慎ながらそう思いました。

ー参考リンクー
ガラパゴス諸島に学ぶ生物の進化

ガラパゴス諸島の歴史

ガラパゴス基本情報

ガラパゴス自然館

そのあとプラプラ散歩して今日は終わり。
IMG_0519

IMG_0571

IMG_0509

IMG_0560

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA