ワードプレステーマ「sango」を導入しました!

ボローニャでボロネーゼ



イタリア ヴェネチア→ボローニャ
6/5 はれ

ヴェネチアの次は、ボロネーゼの発祥地ボローニャへ。



イタリアは電車が安いので、
ここからは電車を利用。

IMG_4599-3
IMG_4634
IMG_4639
ボローニャはポルチコ(歩行者用アーケード)があり、
建築物も石材の赤みを帯びていて、
中世のヨーロッパを歩いてるようで、なかなかよろしい。

宿に着き、
調べておいたボロネーゼの名店へ。

接客のおじちゃんが陽気な人で、
赤ワイン1杯を頼むと、いいから、いいから、と言いながら1/2ボトルを持って来たり、
フルーツを軽く出してくれたりと、高接待。

IMG_4606
味も文句なしで、
卵が練ってある自家製麺に、
パセリ、キャロット、ニンニクが見え隠れする豚ひき肉のソース、
美味しかったー。

anna maria

お腹いっぱい幸せいっぱいで、
ボローニャの街歩き再開。

解剖実験に使われた大学の実験室が公開されているとネットで見たが、
ボローニャ大学の辺りを歩いてもそれらしき看板が見当たらない。

受付の兄さんに尋ねてみるも、
英語があまりできない人で、双方困る。

すると現れたイタリア美人が、
英語?あたしならすこしできるけど…?

と、歩み寄ってくる。

いきなり黒髪ショートの唇真っ赤の透き通るような白い肌の整った顔立ちの女の子が現れ、
さっき飲み過ぎたワインで変な夢でも見てるんじゃないだろうかと思う。

記憶が確かなら、
よかったら一緒に行こうか…?

と言ってた気もするが、
ちょうどいいタイミングで受付の兄ちゃんが資料を持って来て、無事(?)解決。

あと5分あそこにあたら鼻血が出てた。

IMG_4625
IMG_4620
IMG_4616
IMG_4617
あー、デートにでも誘えばよかったかなー、
と妄想に耽りながらタワーに登ったり。


IMG_4647
ヨーロッパで最初に解剖実験された大学を訪れ。


宿もすごく快適で、
のんびりして過ごせた。

ボローニャ・おすすめ宿


    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA